愛知の私立高校ガイドブック
102/146

変わる付属高校。「誰かのために」が、深化していきます。 本校の合言葉は「誰かのために」学び、考え、行動できる青年を育てたい。創立60周年を迎え、付属高校も大きく変わろうとしています。2015年知多半島で最初の屋外人工芝グランドがスタートし練習の質が大きく進化。2018年県高校サッカー大会ではベスト8に進出、県リーグでは2部に昇格するなど目覚ましい成長を遂げています。また野球部の成長も目覚ましく2018年第100回全国高校野球選手権記念東愛知大会でベスト8に進出。吹奏楽部も全国大会出場実績のある指導者が顧問に就任し、練習環境が大きく変わり活気のある部活動が行われています。全教室にICT電子黒板が設置され、アクティブラーニングスペースも完備。取り組んだことや調べた内容をすぐに仲間と共有でき、「そうか」「なるほど」「わかった」瞬間を逃しません。 2人に1人が付属推薦で進学できる日本福祉大学に、看護学部、スポーツ科学部が新設され、温水プールを含む新体育館も完成しました。 海外語学研修も、夏のフィリピン研修、春のオーストラリア語学研修と2ヶ所を準備し、グローバル英語コースで生きた英語を学ぶ環境も充実しています。未来へ続く、新しい4つのコース〜様々な体験と豊かな学び、新しい4つのコースであなたの進路実現を後押し〜 1年生は共通履修科目で基礎学力を育てます。2年生からは、3つのコースに分かれ、進路実現に向けたカリキュラムに沿って1人ひとりに必要な学力を育てます。国公立大学、難関私立大学への進学を目指す「文理コース」 小規模校ならではの親身の指導により、国公立大学や難関私立大学の入試に対応できる力を育て、志望校合格へと導きます。国際・外国語系大学への進学を目指す「グローバル英語コース」 海外語学研修や英会話を重視したカリキュラムを通して、英語がもっと好きになり、プレゼンテーション能力が鍛えられます。国公立への挑戦、私大・日本福祉大学を目指す「総合進学コース」 日本福祉大学との一貫教育により、一足早く大学での学びも開始。総合的な学力を高め国公立大学に挑戦できるまでの実力を目指します。スポーツ・リハビリテーション領域の大学進学を目指す「スポーツコース」 充実した体育演習により、スポーツの高度な知識・技術を習得。確かな学力を身に付け、国公立やスポーツ・リハビリテーション・栄養領域の学部・学科を持つ大学、体育系大学への進学を目指します。101愛知の私立高校ガイドブック 2020日本福祉大学付属高等学校ゆるぎない未来力を。新しい付属高校、はじまる。未来社会のリーダーの育成をめざして 日本福祉大学付属高校の教育目標は、すべての人のしあわせのために、未来の社会に貢献できる人材の育成にあります。知多半島唯一の大学併設の私立高校として繰り広げるのは、その特色を存分に生かした創造的な教育活動です。希望の進路をつかみ取る学力を育むと同時に、自ら未来を切り拓けるリーダーシップ力、探究力、共感力などの醸成にも力を入れています。社会のどのような変化にも対応できるゆるぎない未来力を育むために、付属高校は、全力で生徒一人ひとりに向き合います。特色教育活動41School Message

元のページ  ../index.html#102

このブックを見る