愛知の私立高校ガイドブック
120/146

⑴ 心の“豊かさ”を求めて 光ヶ丘は三河地区唯一のカトリック系ミッションスクールで、校訓「誠実・純潔・奉仕」を実践できる豊かな人格教育をめざしています。校訓の実践として、全校挙げて「ボランティア活動」に取り組んでいます。そのボランティア活動を通して生徒たちは「他人のために自分ができること」を発見し、キリスト教では「隣人愛」と呼ぶ気持ちを生徒たちは感じ取っています。また、勉強と部活動の両立をめざす生徒たちは、いつも明るい笑顔で、何事にも一生懸命取り組んでいます。そんな光ヶ丘生の「心の優しさ」「礼儀正しさ」は地域でも高い評価を受けています。⑵ 個性にあわせた学科 普通科(文理・福祉コース)と国際教養科があります。現在、女性は社会の広い分野で活躍していて、本校の生徒も多彩な進路を考えています。こうした状況に応じて、本校普通科では生徒の進路希望に応えるために「選択科目制」「英語・数学の習熟度別授業」「少人数教育」の充実に努めています。文系・理系・福祉コースの₃コース展開をし、各人の個性・興味・進路希望に応じてコース選択が可能で「環境」「福祉」「国際」「人間」「芸術」をキーワードとした進路につながる教育を実践しています。 国際化がすすみつつある現代において、本校国際教養科では国際的な感覚・教養をもった人材育成に努めています。本校では1993年度より国際コースを設置し、国際色豊かなカリキュラムを展開してきましたが、2008年度から、より専門的な国際教養科へパワーアップしました。₁.学習指導 国際教養科の「国際事情」や福祉コースの「社会福祉施設実習」などといった各学科・コースの目的に適した専門科目や、大学受験に適した選択科目制を実施しています。英語と数学は少人数の習熟度別授業を実施しており、英語ではコミュニケーション力養成のため、全クラスで毎週ネイティブの先生による授業を行っています。₂.進路指導 生徒の個性を伸ばす手厚い指導が魅力。大学・専門学校・海外進学・就職の₄分野に専属の担当者を置いて情報収集にあたるとともに、担任との密接な連携のもとで、サポート体制をとっています。英語面接を必要とする大学入試にも対応できるようにしています。2019年度入試においては、愛知教育大学や名古屋工業大学、愛知県立大学などの国公立大学に20名以上が合格しました。また、南山大学や上智大学、早稲田大学、慶応義塾大学、津田塾大学、明治大学、同志社大学、立命館大学などの私立大学には指定校制推薦入試や一般入試などで進学しています。カトリック系の大学である上智大学へは9名、南山大学へは44名の生徒が今年度進学しました。光ヶ丘の指定校制推薦入試は全国111大学、約900名分の人数枠があります。₃.生徒指導 「生徒相談」と「生活指導」の₂本柱の体制をつくり指導にあたっています。社会人としてのマナー、女性としての立ち居振る舞いを高校生活の中で自然と身につくよう指導しています。また、悩みがあれば気兼ねなく相談できる相談室も完備しています。119愛知の私立高校ガイドブック 2020光ヶ丘女子高等学校夢、咲かそ。自分らしい光を! 人と比較してコンプレックスを感じること、人の噂や評価、物事の結果だけで成功したとか失敗したとか…心を痛めることはありません。 比較すべき相手は、自分自身。昨日よりも今日、今日よりも明日…。結果よりもそれに向かうプロセスをしっかり受けとめながら、自分らしい光を輝かせましょう!校長 シスター・マリア 小林三佐子特色教育活動50School Message

元のページ  ../index.html#120

このブックを見る