愛知の私立高校ガイドブック
52/146

 東海学園は、明治21年(1888年)に浄土宗立の学校として創立され、現在の「東海中学校・東海高等学校・東海学園高等学校・東海学園大学」として発展してきました。 本校は、昭和37年に女子高校として開校し、平成12年に男女共学になり東海学園高等学校と名称を変えました。その間、仏教に基づいた宗教的情操を養い、豊かな人間性を育てるという建学の精神に基づき、優れた人格者の育成をめざしてきました。 人間性を高める情操教育として、宗教行事(祖山参拝・二灯式)や芸術鑑賞、海外語学研修(カナダ)等の行事をとりいれています。また、「共生」の精神を生かしながら、自分の生き方や将来を見つめる授業を展開しており、一人ひとりの進路目標に対応できるように従来の【特進 飛翔コース】【普通 明照コース】【国際 留学コース】に加え、新たに【国際 IBコース】を開設しました。 本校では「勤倹誠実」の校風を貫き、自由を尊重する雰囲気のなか、次の「三綱領」に基づいた指導をしています。1,知性高く愛情深く信念ある人となりましょう2,勤倹誠実の校風を尊重してよい個性を養いましょう3,平和日本の有要な社会人となりましょう1.学習進路指導「特進 飛翔コース」 国公立大・難関私立大を目標に特別時間割を実施し、高い進学目標に向けた学力向上を目指します。「普通 明照コース」 2年次から文理クラスへ分かれ、自分の進路に対応します。東海学園大学志望者は、3年生で大学の講義を受講する機会もあります。「国際 留学コース」 カナダで身につけたコミュニケーション能力と留学経験を活かして英語力を高め、難関大学を目指します。「国際 IBコース」 2年生から始まる国際バカロレア(IBDP)と日本の卒業資格を同時に二つ取得し、国内外の大学への進学を目指します。 また、進路指導は、体験を通して理解し、その上で、納得できる進路を選ぶために、「キャリアガイダンス」、「学問・分野別進路ガイダンス」など、情報を得る機会をできる限り多く設定しています。学習面では、「朝の学習」や「長期休暇の講習」などによりサポートしています。2.生徒指導 規律ある落ち着いた生活態度、各種学校行事や部活動への積極的参加を軸として、私学ならではのきめ細かい指導をしています。また、スクールカウンセラーと共に生徒個々の悩みや問題について、早期発見・解決に努めています。51愛知の私立高校ガイドブック 2020東海学園高等学校東海学園高校で、新しい自分を発見しよう。忘れてはいませんか…あなたが、今ここに生きていることの大切さを… 私たちは、浄土宗の教えによる「共生(ともいき)」の精神を教育理念としています。 「共生」の精神は、人と人を取り巻く世界を結ぶ絆(きずな)です。自分と共に生きるものへの深い慈悲の心、共に生かされているその“生”への感謝の念を持ち、人として真の生き方を求めていく「人間教育」を、すすめています。 共に過ごす3年間の高校生活を通して、しなやかな知性と豊かな感性をそなえた人間の育成に努めています。校長 前田 季於篁特色教育活動16School Message

元のページ  ../index.html#52

このブックを見る