愛知の私立高校ガイドブック
54/146

 本校は、1923(大正12)年、東邦商業学校としてスタートしました。創立者である下出民義先生は、わが国の資本主義揺籃期に中部産業界の礎を築き、政治家としても長く国政の場で尽力されました。先生の創立への思いは、建学の精神である「真に信頼して事を任せうる人格の育成」に示されています。戦後、新学制により東邦高等学校となりましたが、自治を重んじる伝統は、学校草創期より盛んなクラブ活動に引き継がれています。 本校は、名古屋市東部の緑豊かな平和公園に隣接しており、校舎は明るく開放的で、充実した施設と災害(地震)に強い構造は、生徒たちにとっても快適な学校生活を過ごす上で欠かせない環境となっています。教育目標である「自治を重んじ真面目に行動し愛と平和を希求する、誰からも信頼される人」の育成を目指し、キャリア教育を結節点にして学習活動から国際交流・高大連携・平和教育、クラブ活動や学校行事等の自主活動まで、多様な教育プログラムに取り組みます。 ①ブリッジ学習(中高接続の学習)や土曜講座、補習は日常補習や夏期補習等様々な形態があります。 ②読書実践(毎朝10分間の朝読書)により一日のスタートをきります。 ③TOHOインターンシップや企業探究プログラム含め、多様な進路学習 ④国際交流…ニュージーランドへの夏期英語研修、4ヶ国5校姉妹校交流会 ⑤平和教育…沖縄(普通科)・ヨーロッパ(美術科)修学旅行、慰霊の日 ⑥高大連携…愛知東邦大学との連携授業、愛知大学との教育提携(模擬授業)等 進路指導では、各科各コースの目標をふまえ生徒個々の志望にあわせた細やかな指導を行います。普通科○「普通コース」は、進路目標にあわせて、2年次から3つのコースを選択します。・進学コース(週32時間)…学習とクラブ活動の両立を図りながら進学を目指します。・文系選抜コース(週34時間)…文系難関私大を中心にした進路目標を設定しています。・理系選抜コース(週34時間)…理系難関私大を中心にした進路目標を設定しています。文系選抜・理系選抜両コースは、ともに毎金曜日に英語・国語・数学等の全員補習が行われます。○「文理特進コース」は、国公立大学や難関私大を進路目標にしたコースです。週37時間のカリキュラムのため、火曜・金曜に7・8時限授業や土曜授業・補習も設定されています。また、大学との連携授業や学外での進路研究など多彩な企画もあり、二人担任制による細やかな学習指導が行われます。○「国際探究コース」(文系・週32時間)は、将来世界規模の課題に取り組む人材育成を目指します。英語力を高めるだけでなく、世界の情勢を理解し、日本のことを発信できるように、探究学習などを通じてグローバルな視点を身につけます。○「人間健康コース」は、トップアスリートを育成することを目標にした専門コースです。一つの目標に向かって規律ある集団生活の中で仲間と励まし支え合い、「心」「技」「体」「知」の伸長を目指します。同じ学園にある愛知東邦大学との高大連携をとおして専門性を高めます。美術科 美術デザインのスペシャリストを目指す、県内私学唯一の美術の専門学科です。「日本画」「油画」「彫刻」「デザイン」の4つの専攻によるカリキュラムと施設設備は充実しており、修学旅行はヨーロッパに赴き本物の芸術作品に触れます。卒業生の多くが芸術大学や美術大学に進学します。53愛知の私立高校ガイドブック 2020東邦高等学校〈着実にして円満な常識と溌剌たる気力に富む、社会に信頼される人を育成する〉<次代を担うあなたへ> 私たちが暮らす地球は、環境問題、宗教問題、人口問題、資源問題、エネルギー問題など様々な課題を抱えています。東邦高校は2014年4月ユネスコスクールの認定を受けました。これら地球規模の問題について、自ら考え行動し、世界の高校生と協働し、国際的な視野をもって課題解決に取り組むグローバルな人材の育成を目指します。 入学される皆さんには、校訓である「真面目」に示された目標に向かって、自発的に、忍耐強く、情熱的に行動する態度を身につけてもらいたいと願っています。皆さんが次代を担う人間として力強く成長できるよう、東邦は多彩な教育プログラムに挑戦できる環境づくりを進めています。特色教育活動17School Message

元のページ  ../index.html#54

このブックを見る