愛知の私立高校ガイドブック
64/146

創立112年の歴史が築き上げた、伝統の人物教育 本学園は、明治40年、市邨芳樹先生により創立され、現在に至るまでの間、中部の経済界に多数の人材を輩出してきました。平成14年度に共学化し、平成18年度には瑞穂区高田町へと移転し、昨年、12年が経ちました。『高蔵』は、21世紀に活躍する心豊かで、創造的な人間の育成を目指しています。 創立者、市邨芳樹先生の教育理念「一に人物、二に伎倆」は、知識技量の習得だけでなく、第一に豊かな人間性を養うことを主眼としています。そのために大切なものとして、「慈・忠・忍」の三文字を校訓三則とし、慈愛に満ちた温かい心、忠実で素直な心、忍耐のあるくじけない心を、学園生活を通して学びます。 校章に示された桜と松は「桜は桜、松は松たれ」という市邨芳樹先生の言葉に由来しており、それぞれの個性を尊重し、その天分を充分に伸ばすという、本学園教育の基本方針の一つを示し、桧扇(ひおうぎ)は末広の名のように、学園と、この学園で学ぶ生徒一人一人の発展する前途を祝福しています。進路にあわせて選べる普通科(特進コース・進学コース)と伝統の商業科①普通科(男女)特進コースは主に国公立・難関私立大学への現役合格をめざし、より質の高い授業内容、弱点補強および実践力を養う補習などを行い、着実に学力の伸張を図ります。2年生から文系・理系の科目選択があり、自分の進路実現にむけての準備をしていきます。週2日7時限授業を行い、学期毎の進学補習や校外模試受験、土曜日にも模試対策の補習などを行っています。②普通科(男女)進学コースは名古屋経済大学及び他の私立大学への進学を目指したカリキュラム編成で、基礎学力を固め、知識と教養の幅を広げます。特進コース同様に2年生から文系・理系の科目選択があります。また学校行事や部活動などでも力を発揮し、「文武両道」をめざす生徒が頑張っています。③商業科(女子)は進学・就職どちらにも必要な一般教養と専門知識・技能・資格をバランス良く身につけられるカリキュラムが整えられています。簿記や情報処理など各種検定に向けての補習が行われ資格取得のサポートも充実しています。毎年の求人は生徒一人に対して10社以上あり、もちろん就職率は100%を誇っています。④系列大学への推薦入学制度もあり、入学検定料や入学金も免除されます。63愛知の私立高校ガイドブック 2020名古屋経済大学高蔵高等学校この日から、もっと未来にワクワクする。個性を大切に、夢を紡ぎ、人を育む。それが、高蔵の教育です。 人工知能をはじめとするめざましい技術の進歩は、時代の変化を加速させると考えられます。そのような時代にあってますます生徒それぞれの個性が大切になり、「自分は何をしたいのか」、「自分は何ができるのか」を自覚することが重要になっています。本校では、建学の精神「一に人物、二に伎倆」と校訓三則「慈・忠・忍」を教育の根幹として、伝統を守るとともに、時代の変化に対応できる柔軟な教育をめざしています。生徒が、知識・技術を得るだけでなく、「主体的・対話的で深い学び」ができるよう、「体験的な学習」、「国際理解教育」、「ⅠCT教育」にも積極的に取り組み、未来に活躍できる人づくりに力を入れています。また、部活動が盛んで、校内に生徒の明るい笑顔が溢れています。地下鉄「桜山駅」から近く、交通の便に恵まれていると同時に、瑞穂区の静かな環境の文教地区に位置し、勉強するための環境にも恵まれています。校長 田村 正美特色教育活動22School Message

元のページ  ../index.html#64

このブックを見る