愛知の私立高校ガイドブック
74/146

1.教育方針1 学習意欲を高める   2 基礎学力を伸ばす3 しつけ教育を重んじる 4 健全な心身を育む5 主体的な行動力を養う6 創造力の根源である生きる力を養成する2.特色○名城大学の附属高校として、附属高校のみ対象の特別推薦で、名城大学の各学部へ進学することができます。○スーパーサイエンスクラスは、物理・化学・生物に加え、名城独自のスーパーサイエンス教科を学びます。○特別進学クラスは、SSHの対象クラスとして、きめ細やかな指導の徹底により国公立大・難関私大に進学します。○一般進学クラスは名城大学へ約半数が進学するとともに、国公立大・有名私立大への進学者も増加しています。○国際クラスは文部科学省指定のSGHで培かった英語学習や探究型学習をもとに国際化を進める大学へ進学します。○総合学科の4つの系列(社会探究、地域交流、ビジネス、数理)では、特色ある授業を学び、ほとんどが大学進学しています。○全校生徒を対象にしたオーストラリア研修を希望制で実施しており、異文化や語学を学び、交流を通じて様々な経験をすることができます。1.進学指導 幅広い分野をカバーする総合大学の附属高校という特性を生かし、名城大学との連携を通して生きた情報を得ることで、進路意識を高める指導をしています。また多様化する進路希望に対応するために、名城大学をはじめ、大学の先生による講演会や入試説明会を独自に開催するなど、さまざまな情報提供に努めています。2.就職指導 企業と公務員、いずれの場合もガイダンスや面談、模擬試験などを重ね、ハローワークなどの専門の外部団体の協力を得ながら、希望や適性に合った進路選択を支援しています。伝統校としての社会的信用を背景に、毎年多くの求人をいただいています。3.生徒指導 本校では、礼儀、社会ルール、協調性などを身につけることを重視して、きめ細やかで地道な生活指導を続けています。その結果、昨今では、「しつけ教育も重視する高校」という評価を受けています。さらに、規律ある行動のできる生徒の育成をめざしています。73愛知の私立高校ガイドブック 2020名城大学附属高等学校「主体的に学ぶ力」と「突破力」を備えた生徒を育成する学校文部科学省指定SSH(スーパーサイエンスハイスクール)・充実した探究型学習1 スーパーサイエンスハイスクール 3期目の指定 4年目(通算14年目)  スーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業とは、国際的な科学技術関係人材を育成するための国家プロジェクトです。高大協創による国際的科学リーダーの育成に取り組んでいます。2 スーパーグローバルハイスクール(SGH)5年間(平成26年度~平成30年度指定)の精華を継承して、グローバルな社会課題を発見・解決できる人材の育成に全校を挙げて取り組んでいます。特色教育活動27School Message

元のページ  ../index.html#74

このブックを見る